Futurist

「バーチャル街づくり連合」が、大阪万博協会の公認 “共創チャレンジ” になりました(+5/31記念祝祭実施)

Futuristコミュニティも関わる “バーチャル街づくり連合”

2022年2月にも紹介しておりました、当コミュニティも関わる「バーチャル街づくり連合」が、大阪万博協会の公認 “共創チャレンジ” になりました。(バーチャル街づくり連合については、以下参照)

以下のリンク先にあります通り、大阪万博に向けた共創チャレンジとして登録されています。

複数のコミュニティが連合となって、少しずつ進めていますので、今後にもぜひご期待ください!

最近は「メタバース体験」と「NFT」を結びつけたりしました

バーチャル街づくり連合では、様々な世界をメタバース上に作っており、現実の街づくりとパラレルに「マルチバース」を構築しています。

例えば、先日(2022年4月)に以下でご紹介した通り、「コミュニティ連合の旗立て記念!」をファンタジー空間に創作し、様々なコミュニティの連合で祝いました。

メタバース上でファンタジー空間を創造し、コミュニティ連合の旗立て記念を行う

そして、その体験に参加した方に、「参加特典NFT」を配布しました。(参考:以下画像)

メタバース体験と参加特典NFTを連動

↑画像は、NFTプラットフォーム「OpenSea」で配布したNFTを確認したものです

NFT勉強会も実施

上記を行なった際、「そもそもNFTとは?」といった参加者も多かったため、コミュニティ連合で勉強会なども行いました。(そして、その勉強会の参加者にもNFTを配布しました)

↑体験の度に増えていくNFTコレクション

大阪万博2025承認祝祭も行いました(2022/5/31)

ゲリラ的に、「大阪万博公認祝祭」をメタバース(Roblox)のオリジナル空間で実施しました。

近々に、リアルとの連動企画も実施予定

上記にように、バーチャル上に空間を創造し、さらにその体験をコレクションしていくなど、共同体験/共同の思い出を複数のコミュニティを跨いで行なっていくことで、様々なコミュニティ間交流が起こりました。(元々考えていた「バーチャルで “お隣さん” の概念を変える」が実現されつつあります)

近々、「リアルとバーチャルの連動を加速する」として、リアルでの体験とメタバースでの体験を同時的に行う企画も検討されています。

興味のある方は、Futuristコミュニティと同じく、バーチャル街づくり連合に加盟している「Robloxで世界を創ろう!コミュニティ」のSlackに参加してみると良いでしょうSlackのチャンネル「#11_バーチャル街づくり連合」でアナウンスがあると思います。

<「Robloxで世界を創ろう!コミュニティ」のSlack>

Futurist(フューチャリスト)コミュニティについて

Futurist(フューチャリスト)が集まるコミュニティ。「未来は “待つ” ものではなく “歩む” ものである」を掲げる。都内複数拠点で月1程度で活動。slackやZoomでは日常的に交流。各々がバックキャストするFuturist活動の相互支援やFuturism探求の視察・企画・共有会なども実施。 [ 活動内容の参考は こちら ]

Futurist(フューチャリスト)コミュニティに参加するには?


ABOUT ME
Sho T(高橋 翔)
Futurist(フューチャリスト)コミュニティ&カルチャー創設 / (株)pressman CINO(Chief Innovation Officer)/ 一般社団法人NoCoders Japan協会 代表理事 / ノーコード人材プラットフォーム「NOCODO(ノコド)」創設 / メタバース「Roblox(ロブロックス)」で世界を創ろうコミュニティ主宰 / クロスコミュニティ 提唱 / 価値タイズ 提唱 /