Futurist

2070年の世界 〜シンギュラリティ・ネイティブの出現〜

Futurist(フューチャリスト)コミュニティの始動

Futurist(フューチャリスト)コミュニティは、2021/12/25現在、40名近くに成長し、2022年にはより多くの仲間と展開していきたいと考えております。

初期のコミュニティメンバーで、「ミッション・ビジョン・バリュー」を策定しました。それらに基づき、今後活動内容をデザインしていきたいと考えています。

「2070年」を一つのマイルストーンに置く

シンギュラリティが2045年前後と言われていますが、今後起こる変化は、産業革命以降のこれまでの社会構造を大きく変えうる可能性があると考えており、様々なシーズ技術からすでに想定される未来社会が実際に実現・浸透するのに、数十年の時間が必要と考えています。

そのため、私たちFuturist(フューチャリスト)コミュニティでは、現在すでに見えている流れを完全に前提とする頃合いを「2070年」と仮に置いています。(※あくまで「仮」に)

ある意味で、2045年前後に本当にシンギュラリティが起こったとした場合、「シンギュラリティ・ネイティブ(生まれた時からシンギュラリティが当たり前の世代:※造語)」が20歳前後になるのが2070年付近であり、社会的にも浸透しうる段階かと思っています。

以下は、Futurist(フューチャリスト)コミュニティで作成した、現在の前提と2070年までに起こりうる前提の比較表です。

作成:Futuristコミュニティ

正直、上記で記載したようなものは、2021年現在でもすでに変化の序章として始まっていますが、まだ産声を上げたような段階であり、本格的な実装後の世界は、社会構造から全て変わっていると想定されます。

そのインパクトは、農業革命、産業革命相当と考えており、指数関数的に変化のスピードが向上しているとは言え、完全に実装されるのには、それなりの時間を要するでしょう。

時間軸的な意味合いで言うと、その変数として最も大きいのは「AI」の存在であり、汎用AIのようなものが出現した暁には、これまでのどのような予測可能性をも上回る可能性もあります。

また、リスクとして非常に大きいと思われるのは、「知的生物の創造」であり、生物工学・バイオインフォマティックスによって生命をも創造の対象とされていくところに、AIのような知的コンピューティングが実装されていく可能性は十分にあり得ます。ここでは倫理の問題が重要視されていますが、おそらく(というか間違いなく)不可逆的に「生命+AI」はブレイクスルーしていくと考えた方が良いと思っています。なぜなら、これまでの文明の歴史において、登場してきたあらゆる技術による変化にリスクはありましたが、文明の進歩は必ずそのリスクを乗り越える意思を選択してきたからです。

社会構造の変化で言うと、「分散型テクノロジー(ブロックチェーンなど)」の登場が最もインパクトのあるものだったと、将来になって振り返ることができるでしょう。これらは現代(産業革命から21世紀前半)における金融の構造を変え、ゆえに社会構造そのものを変えていくと思われます。当然、産業構造・ビジネス構造も変わります。

未来年表の作成

また、Futurist(フューチャリスト)コミュニティでは、コミュニティ活動の一環として、未来年表の作成も行っております。

作成:Futuristコミュニティ

最終的には、1万年先の可能性も想定してきたいと考えています。最低でも、カルダシェフスケールで言うところの「タイプII文明」までは想定の視野に入れたいと思っています。


カルダシェフスケールとは、ニコライ・カルダシェフが考案した、宇宙文明の発展度をエネルギー制御量で示す三段階のスケールです。タイプI文明は、惑星で利用可能な全てのエネルギーを制御できる文明。タイプII文明は、恒星のエネルギーを制御できる文明。タイプIII文明は、銀河のエネルギーを制御できる文明。現在の人類はタイプ0.7〜0.8程度と言われています。


Futures Literacy(フューチャー・リテラシー)の重要性について

ここまで来ると、「なぜFuturist(フューチャリスト)コミュニティは、上述のようなことをしているのか?」という疑問が出てくるかと思います。

理由としては、Futures Literacy(フューチャー・リテラシー)が時代として重要になってきているからです。

一般的に、未来に対しては、「どうなるか?」といった「答えを求める」傾向があると思っています。しかし、実際には、「どうなりうるか?(可能性の認識)」が正しく、また「どうしうるか?(可能性の創造)」といった関与が可能であるということです。

Futures Literacy(フューチャー・リテラシー)とは、まさに未来可能性への認識や創造についてのリテラシーを高めていくことです。それにより、未来に対して主観的に関わることができ、時代として求められてきている「創造社会」の実現に近づきます

Futures Literacy(フューチャー・リテラシー)とは
  1. 未来の可能性への「認識能力
  2. 未来の可能性への「創造能力

詳細は、以下に記載していいます。

Futures Literacy(フューチャー・リテラシー)は、創造社会の実現に必須のリテラシーです。Futurist(フューチャリスト)コミュニティでは、そのようなリテラシーを体現し、体系化しつつ、カルチャー化していきたいと考えています。

Futurist(フューチャリスト)コミュニティに関心のある方、参加したい方は、こちら よりお願いいたします。

ABOUT ME
Sho T(高橋 翔)
Futurist(フューチャリスト)コミュニティ&カルチャー創設 / (株)pressman CINO(Chief Innovation Officer)/ 一般社団法人NoCoders Japan協会 代表理事 / ノーコード人材プラットフォーム「NOCODO(ノコド)」創設 / メタバース「Roblox(ロブロックス)」で世界を創ろうコミュニティ主宰 / クロスコミュニティ 提唱 / 価値タイズ 提唱 /